本文へスキップ

フードコーディネーターってどんな仕事?

フードコーディネーターの仕事

フードコーディネーターに必要なスキル/新しいフードスタイルを提案するフードコーディネーター

フードコーディネーターに必要なスキル

少子高齢化が進み、食の安心・安全に対する信頼が揺らぐ今、フードビジネス・コーディネーターの本質的な仕事は人々にとってよい食環境を提案することになってきています。

また、顧客のニーズだけでなく、社会の潜在ニーズを感知して企画提案していく能力や、発想力と連動したマーケティングセンスが求められます。

さらに常に多様化し、高度化するフードビジネスの現場では、関連するさまざまな作業を理解し、知識とセンスを駆使してコーディネートできる人材が求められています。

実際のフードビジネスの分野においては、自分の専門分野の知識や技能だけで解決できる課題範囲は、案外限られているもの。

フードコーディネーターは、ある分野のスペシャリストであることが前提であり、その上で食に関する幅広い知識や知恵を身につけなければなりません。

加えて、自分に足りない人脈を構築することによって、さまざまなビジネス課題に対応することができ、成功率の高い仕事が可能になります。

そのためには、知識や技能の習得とともに、日頃から人脈を築くことが大変重要となります。




フードコーディネーター講座

 
3ヶ月で合格を目指せる充実のカリキュラムと高い実績!
フードコーディネーター3級検定対策講座
 フードコーディネーター 資格取得フード講座

「食」に関する歴史から調理方法、さらにはフードビジネスに必要な知識を基礎から学べる資格。


リンク集

LINK1   LINK2   LINK3   LINK4
LINK5   LINK6   LINK7   LINK8