本文へスキップ

フードコーディネーターってどんな仕事?

フードコーディネーターの仕事

フードコーディネーターとは/新しいフードスタイルを提案するフードコーディネーター

フードコーディネーターとは

いま、「食」の世界が大きく動き出しています。

細分化され専門化する中で、スペシャリストとしての専門分野を持ち、それぞれの分野を総合的にコーディネートするのが、フードコーディネーターの仕事です。

食の商品開発、レストランプロデュース、販促・メディアなど、フードビジネスのすべてに関わります。

言い換えれば、食をテーマに「ヒト・モノ・コト」そして「情報」をトータルにプロデュースする食の専門家なのです。



■ヒト作り

食育の現場で子どもたちに食の楽しさ・大切さを伝えたり、飲食サービスの現場で人材の育成を行ったりします。


■モノ作り

新品種の研究、新商品や新素材の開発、メニュー提案、そして店舗や売り場づくりなど、食にかかわるあらゆるモノを創造します。


■コト作り

集客イベントや啓蒙セミナーを企画、運営。食の知識や商品の魅力を伝えます。


■ネタ作り

TVや新聞、雑誌やインターネットを通じ、食にかかわる情報を制作、発信します。

フードビジネス・コーディネーターの手がける仕事は、商品開発やメニュー開発、レストラン・プロデューススやイベント企画運営、マスメディアとしての情報発信など多岐に渡ります。

フードビジネス・コーディネーターは、企業に所属したり、フリーランスだったりと立場はさまざまです。




フードコーディネーター講座

 
3ヶ月で合格を目指せる充実のカリキュラムと高い実績!
フードコーディネーター3級検定対策講座
 フードコーディネーター 資格取得フード講座

「食」に関する歴史から調理方法、さらにはフードビジネスに必要な知識を基礎から学べる資格。


リンク集

LINK1   LINK2   LINK3   LINK4
LINK5   LINK6   LINK7   LINK8