本文へスキップ

フードコーディネーターってどんな仕事?

フードコーディネーターの仕事

新しいフードスタイルを提案するフードコーディネーター

フードコーディネーター

創造の現場で、いま最も求められているのは「健全な視点」を持って食ビジネスに関わるフードコーディネータです。

ヒトが食するのは、生きるため。

食は人種・年齢・性別に関わりなく必要とされる命の基盤であり、過去、現在そして未来に続く永遠の営みです。

だからこそ、食ビジネスに関わるフードコーディネータは安全安心を判断できる視点が重要となり、健康な生活習慣を支援するという理念が求められます。

フードコーディネーターの必要性は、フード業界において年々その広がりと重要性を増しています。

その活動の場は、食品・飲料メーカーをはじめ、流通業界、マスコミ、ホテル&レストラン、産地(生産者)など、フードビジネスのあらゆる分野にわたります。

フードコーディネータは、「食の健全な視点」を作り手(開発・調理・加工の現場)に指導し、送り手(販売の現場)を支援し、そして生活者(食する場)を啓蒙する事がその主たる仕事です。

今、生活習慣が大きく変わりつつあります。

「食を他の人に委ねる」ことが避けられない社会の到来です。

それはフードコーディネータが活躍できるステージが増え、より高度なスキルを求められ、緻密な食ネットワークが価値を生む市場の誕生となります。

そうした中でフードコーディネータに求められるのは、資格・年齢などではなく、きちんとした食のモノサシをもち、社会のニーズに誰よりも敏感であることです。

いまフードビジネスの世界では、「食に対する興味を持つ」コーディネートスキルの高い人材、既存の職種にとらわれず、専門分野をコーディネートできる人材が求められています。

様々な「食の仕事」に精通し、必要に応じてコーディネートできることがフードコーディネーターの高い付加価値と言えます。

そうした「フードビジネスのプロ」は、企業からはもちろん、あらゆるビジネス、組織、文化で求められるようになってきました。そうしたフードビジネスの現場は常に多様化し、高度化しています。

「食」は生きていくうえでとても大事なことで、食べることは生き方そのものです。

「食」を通じてどのように生きるか、どのように食べるかは非常に重要でそこからもビジネスは生まれてきます。



フードコーディネーター講座

 
3ヶ月で合格を目指せる充実のカリキュラムと高い実績!
フードコーディネーター3級検定対策講座
 フード講座

「食」に関する歴史から調理方法、さらにはフードビジネスに必要な知識を基礎から学べる資格。




Excel2010エキスパート通信講座、MOSの資格取得におすすめな通信講座の紹介  キャリアカウンセラー通信講座、キャリアカウンセラーを目指す方のための情報と資格の取得方法  産業カウンセラーになろう!産業カウンセラーになるための手法や試験情報、通信講座など  ウェディングプランナーになりたい、あこがれのウェディングプランナーへの道  公務員になろう!公務員になるための通信講座を紹介しています  整体学ぶなら、整体を学べる講座の紹介  リンパマッサージが学べる通信講座、資格情報など  ネイリストを目指す、ネイリスト検定試験や通信講座の紹介  食育アドバイザー養成講座、食育アドバイザーを目指す最適な講座の紹介  ブライダルプランナー養成講座、、ブライダルプランナーを目指す人のための通信講座の紹介



【PR】
圧力調節鍋 クックレインボー調理時間が短くおいしい料理ができる家族葬 格安シンプルでリーズナブルな葬式・葬儀のサービス坂本式ED改善法ED・勃起不全を完治できるレディースプエラリア女性に不可欠な美しさを引き出してくれるプエラリアナースではたらこ看護士の転職支援サービス専門サイトです